鳥の日記

いろいろと書いていきます。

「まずは働けっ!」ってこと!?-ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

発売は2年ほど前であったと思います。本書を読むようになったきっかけはとても単純で、古本屋で手頃な値段(定価の1/3)で売っていたからです。ボクは、堀江貴文さんについてはあまり詳しい知識は持っていません。月並みに、若くしてIT企業で成功し当時流行っていたヒルズ族の代表格のような人物で、プロ野球球団買収、テレビ局買収の問題でニュースになる人だなと思っていたら、逮捕されて・・・のようにトピックについては押さえていました。そこだけで、堀江貴文さんという人物像についてはよく知らず、ヒルズ族というイメージが強くあったためか、マイナス的にその人をみてきました。

本書は彼の幼少時代~逮捕~出所~現在までの半生とその経験から学んできた彼の人生の哲学、考え方について描かれます。
本書については、共感できる部分が多く(すべてかもしれない・・)人生の先輩からの経験と知識に基づいた教訓を教えられ、これからの仕事人生を歩む上でとても勇気をもらえる一冊となりました。とても満足!
たぶん、学生の頃読んでいたらこの気持ちにはならなかっただろうと思う。働きだしたからこそ、分かる、共感する、という体験がありました。
本書にて伝えられるメッセージをボクなりにまとめるとそれは
「まずは働けっ!」ってことです。

働くことで何が得られるか?
たとえば、お金、人間関係、自信などが得られると考えます。
総合的には「自由」が得られるものだと思います。お金を得ることで好きな車を買ったり行きたい国へ旅行したりすることができます。人間関係を得ることで、友人関係が広がります。それが恋愛に繋がることだって多くあります。自信を得ることで、やりたいことをやることができるようになります。職業選択の幅や起業の可能性を広げることに繋がります。つまり、働くことで充実した人生を獲得する事ができます。本書においては自らの人生を充実させるために働くのだと述べられています。

本書のなかで最も心に刻まれた言葉であり、良い表現だなと思えたのが「ノリの良さ」です。

あらゆる人の一生とは、こうした小さな選択の積み重ねによって決まってくるのだと思っている

仕事でもプライベートであっても、まずは挑戦することです。経験による成功体験(時には失敗体験でも良し)を積み重ねることで自信を獲得します。挑戦が無ければ経験は積み上がりません。だからこそ、ノリの良さです。挑戦にはシンプルにノリの良さです。

 シンプルな言葉と表現で語られていて読みやすく、個人的に学ぶことの多い1冊でした。オススメします。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく