鳥の日記

いろいろと書いていきます。

戦争と国と家族についてちょっと考えるきっかけになった-アメリカン・スナイパー


映画『アメリカン・スナイパー』予告編 - YouTube

クリント・イーストウッド監督の新作映画です。かなり話題沸騰中で、興行成績も自身の監督として長いキャリアで過去最高記録となった作品とのことです。

実話を基にして作品で、イラク戦争で伝説のスナイパーとして活躍したクリス・カイルの戦地での軍人での姿と本国での父親として姿を並行して描いた作品です。

 

本作を観て思ったことは、「戦争を簡単に反対です。と言うことは難しいな。」ということです。それは国とは家族であるという、イコールの関係になってしまうからです。主人公カイルが軍に志願するきっかけとなるのは「愛国心」からであり、彼が家族を持つようになってから、彼が戦地へ赴く理由は国を守るためや家族を守るためになります。

家族を守る父親の姿は輝かしいものです。国を守るための戦地にて大きな戦果を挙げた兵士の姿にも英雄と担ぎ上げられ輝かしいものです。その一方、相手方(本作でいえばイラクの人たち)からすれば、女子供区別なく撃ち殺す悪魔と呼ばれます。正義はどちらかにあるのかという問いに対しては、正解の答なんかはありません。双方に双方なりの正義があるからです。

家族のため、国のための、真っ当な任務をこなしながらも、複雑な気持ちでいるクリス・カイル。映画のストーリーが進んでいくなかで、どんどんと心が蝕まれていく彼の姿が痛々しくて仕方ありませんでした。