鳥の日記

いろいろと書いていきます。

【鑑賞メモ】箱入り息子の恋

f:id:tasumania0930:20140721202445j:plain

市役所に務めて13年、これまで昇進もなく、仕事はずっと同じ記録係。趣味は貯金、35年間童貞で実家暮らしである主人公、天雫(あまのしずく)健太郎。彼を心配する両親の計らいでお見合いをすることに。そこで知り合うこととなる今井菜穂子に恋をする健太郎であったが、そこにはいくつかの障害が....

細やかな部分にとても丁寧に手が施されていて好感が持て、内容にも共感できる部分も多くあり感動できる作品であった。個人的に他の誰かにオススメしたくなるような大好きな映画である。

主演の星野源さんと夏帆さんの持つ独特な地味でそっと遠くから応援してあげたくなるような雰囲気が役柄と非常にマッチングしていて良かった。その上、彼らの両親である、平泉成さんと森山良子さん、大杉蓮さんと黒木瞳さんの夫婦役も彼らの両親であるであろう説得力が出ていて良かった。

 ネタバレになってしまうが、このことついて言及しないと内容について語れないため明かすと、菜穂子は目が見えないという障害を持っているということだ。公式サイト等の公な場であらすじとして語られているので大きな問題はないだろう。

目が見えないということは、相手とのコミュニケーションを取る、また恋愛の場面で相手と愛を確かめ合う方法としては、聴覚と触覚に頼る他ない。今作ではその点にきちんと着目されていて描かれていることにとても好感が持てた。

例えば、お見合い後、健太郎と菜穂子は密やかにデートを繰り返すようになり、お互いにほぼ恋愛関係になりかけようとしている時、内気であがり症な彼が彼自身の言葉で彼女へと愛を告げ交際を申し出るのである。彼女は一度困った顔をした後笑顔に変わり自分は目が見えないので「言葉」にしてくれたことにとても喜ぶのだ。

この菜穂子の一度困った顔をした後笑顔になるという場面は、後半のラスト、とても重要なところへと繋がってくるためよく注目をしてほしい。

 オススメします!