鳥の日記

いろいろと書いていきます。

【鑑賞メモ】X-MEN:フューチャー&パスト

                 f:id:tasumania0930:20140601141415p:plain

2014年5月30日(金)公開 X-MENシリーズの最新作。監督は前作「X-MENファーストジェネレーション」にも携わったブライアン・シンガーで本作はその続編となっている。

時は2023年、壊滅寸前にまで陥った地球が映し出されるシーンより始まる本作。人類のそのほとんどが死滅している。X-MENたちも例外ではない。誰の手によってか、それは人類の手によって作られたバイオメカニカル・ロボット軍団「センチネル」によるものであった。「センチネル」によって支配される地球壊滅の危機のきっかけとなった1973年へ、ウルヴァリンを飛ばし壊滅危機の根絶を絶つというストーリーとなっている。

X-MENたちの能力を存分に楽しめるようなアクションシーンあり、1973年当時の世界情勢も絡めたストーリーありと、子ども大人関係なく楽しめる作品となっている。とても楽しんで観ることできた!

 

X-MENシリーズを何作か観ていて気になることは、彼らが常に弱者としての立場にいることだ。例えば、金属を動かせたり、他人に成り済ますことができたりと、超人的な能力持ちながら、彼らは世界的に歓迎されるのではなく、脅威としてみられている。よくあるヒーロー(主人公たちが超人的な力をもつ)は世界(人類)を救うために戦う。しかし、いつも彼らは自分たちを守るために、人類または彼ら同士と戦っているのだ。

どうして劇中での人類は彼らを受け入れられないのか、脅威としているのか、融和していくことが出来れば、戦争する必要がなくなり、平和な世界を築いていけるのにと思う。

「差別を失くす」と言われても、空気の中で流れる差別が消えない限りはこういったテーマの映画は描かれ続けるのだろうか。